• 電力自由化関連の証券の比較

    電力の小売り自由化が決まったことによって、相場も忙しく動いています。
    その一方でわかりにくいと言われることもあります。
    関連する証券を比較する際には、そもそもどういったものがあるのかを理解しておく必要があるでしょう。

    まず、既存の電力会社があります。
    既存の電力会社は既存のプラン以外にも新しいプランを提供しています。

    目的に応じた証券比較情報を簡単に請求できます。

    既存の電力会社と提携している業者もあります。
    例えばプロバイダや通信会社などはその代表例だと言えるでしょう。



    プロバイダや通信会社が提携している場合、それらのサービスとともに利用することによって料金が割引になるというものです。

    電気代が安くなるのではなくて、プロバイダ料金や通信料金などが割引になるという形をとっていることが多いです。携帯電話とセットにすることで安くなるサービスは多くの通信会社が提供しています。電力会社とは全く異なる業種の企業もプランを提供しています。
    例えばガス会社などはその代表例でしょう。



    証券の比較で言えば、明らかに新規参入で、すでにノウハウを持っている企業なら業績拡大が見込めるでしょう。
    ガス会社以外には石油会社や電鉄会社などが参入しています。
    電力会社は、顧客を奪われる側ですから、投資する証券の比較という点では魅力があまり大きくはありませんが、送電事業などは継続しますから、その点では安定していると言えるでしょう。一概に業績が悪化するとも考えにくいのが現状だと言えるでしょう。