証券の比較のための日本の経済の基礎 - 運用機関で証券を比較
  • 証券の比較のための日本の経済の基礎

    投資する証券を比較する上で日本経済の現状の把握は必要なことの一つだと言えるでしょう。

    証券比較の情報を知りたい方必見です。

    大まかに見れば、バブル景気までは成長が続き、その後は上下はあったもののデフレと円高によって景気は後退してきました。


    世界中で通貨安競争が繰り広げられていた中で、日本は通貨安競争に負けていたと言えるでしょう。
    その状況が改善されたのがアベノミクスです。



    アベノミクスによって金融緩和が行われて円安に誘導され、景気は改善してきました。
    円安によって海外からの式が流入したことによって、株式はほかの証券と比較して一気に上昇したと言えるでしょう。
    資金は海外からももたらされたのです。
    しかし、この傾向はいつまでも続きはしません。


    アベノミクスによる株価の上昇には、日銀の資産買い入れや年金基金のポートフォリオの変更などがありましたが、このような政策はすでに出尽くしたように思われています。
    その中でマイナス金利の導入が会合で決定されたのです。



    ただ、マイナス金利は市場を混乱させたに過ぎないとも言われていて、それ自身が絶大な効果をもたらすとは考えにくいようですが、長期的な視野で見ていく必要があります。

    サプライズではあったものの、それが長期的に効果をもたらすかどうかは、まだ分からないのが現状です。


    投資するべき証券を比較するのは難しいですが、大まかにはこのような傾向を理解しておくことは必要で、その上で将来の価格の変動を予想していくべきでしょう。